スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

My dream with picture books


現在6冊の英語絵本を
毎日×2~3回読み聞かせ(私の発音練習も兼ねて)ているのですが
そろそろ飽きてきた・・・
ので新しい絵本を購入しました。
 
The Very Hungry Caterpillar board bookThe Very Hungry Caterpillar board book
(1994/03/23)
Eric Carle

商品詳細を見る

知らない人はいないと言うくらい
有名な絵本ですよね。
でも私は今まで
原書を読んだことがありませんでした。
青虫はあまり好きではありませんが
まんまるふとった青虫を見ると
息子みたい 笑!プププっっ 
と笑ってしまいました。
そして最後のちょうちょになるシーン!
「が」じゃなくて良かった~!!
ホっ。

・・・じゃなくて
この本が良書だといわれる所以が少しわかった気がします。
教訓がたくさん詰まってるとこはさることながら
数の数え方 曜日 たくさんの名詞 カラフルな色使い。
この本一つでたくさんの事を学べます。

みなさんの絵本選びの基準って何ですか?


とあるblogで
『本は原書で読もう』
という投稿記事があり 私も共感。

良書があればその国の言葉で読めるのが一番ですよね。
(現段階では英語か日本語の絵本しか読めませんが 汗)
学術論文も
研究者はぜ~ったいに原書を読むそうです。
翻訳されているものは
多少なりとも翻訳家の恣意が入ってしまい
ダイレクトに理解するには訳書は障害になるそうです。

絵本も同じな気がします。
言葉は文化です。
絵本に書かれている言葉の言い回しや色遣い。
その国の文化がぎゅ~っと詰まっています。
なのにそれを
無理やり訳された日本語で読んでしまっては
その国の文化が多少なりとも欠落してしまいます。

また
今後息子が大人になって
読みたい本を訳書が出るまで待たなければならない
というもどかしさを感じて欲しくないのです。

だから 『原書を読む』
を当たり前の事にしたいのです。

本棚には様々な言語の絵本が並ぶ。
これ 私の小さな夢です
たくさんの国の友達を作って
彼・彼女たちにその言葉の絵本を読んでもらう。
いや~ん素敵
いつか叶うかしら。

テーマ : ママのひとりごと。
ジャンル : 育児

プロフィール

mikisuka

Author:mikisuka
出産を期に、育児に英語を取り入れ、自らの英語力も向上させようと狙う一児の母。
現在は専業主婦ですが、良いタイミングがあれば仕事復帰を考えています。そのため、今後役立つであろう資格に関しても勉強していくつもりです。

◎現在
・日商簿記2級
・整理収納アドバイザー2級取得
・TOEIC 705点(2014.3現在:親子英語を初めて50点以上上がりました!)

◎私の英語歴
・中高大で一般的な英語教育
・大学在学中3カ月半カナダにホームステイ
・海外旅行大好き♪

いくつになったの?
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログランキング
応援よろしくお願い致します♪
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。