スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Farewell party


武居秀樹先生

先生のそのまっすぐな熱い情熱はどこから沸いてくるのですか?
先生の正義を貫くその粘り強さはどうしたら持てるのですか?
先生のその厳しい指導と温かな眼差しはどなた譲りなのですか?

大学時代 自主ゼミの指導を快く引き受けて下さった
恩師が他界しました。
享年54歳。
早すぎる別れでした。

もしもの時は パーティーのような明るい会がしたい
との先生の意向により
今日 
武居秀樹先生を送る会が
奥さまを始め 実行委員の皆さんのお力で
催されました。

会場には150人を超える人たち。
現役生・卒業生・同僚の方々。
先生が習っていたサックスの生演奏があったり
先生のこれまでの軌跡がたくさんのムービーで紹介されたり
笑い絶えないスピーチの数々。
先生のお人柄が本当に良く出ている 
素晴らしいパーティーでした。

先生は38歳の時に仕事を退職して
研究者になる!という夢を叶えるべく
大学院入学。
それから10年以上にも及ぶ 極貧生活を奥さまと共に歩まれ
臨時講師として
私が通っていた大学の「社会政策」の講義を受け持たれました。
その時先生は3~4校の掛けもちをしながら
1円にもならない
私と友人の自主的な勉強会の指導教員をして下さっていました。
そこで書いた論文は私の一生の宝です。
卒論なんかよりも
ず~っと気合と気持ちがつまっています。
この自主ゼミが始まる前はいつも
「今日は寝てないんだよ~」
と言いながら 目をこすっていた姿が今でも思い出されます。

私が卒業する前後に
とある大学に准教授として着任し
その4年後についに念願の教授に!
しかし その数カ月後に病に倒れ 2年半の闘病生活の後
逝ってしまいました。

お別れ会でのたくさんの方のスピーチを聞いて
先生の人となりをより知る事ができました。
面倒くさい仕事を率先して引き受け
たくさんの教え子たちに学びのチャンスを与え
徹夜で議論を交わす。

とても情熱があったからこそ
無理がたたってしまったのでしょうか。

ただただ ご冥福をお祈りいたします。


奥さまのスピーチで
とても印象に残った言葉を
忘れないように書きとめておこうと思います。


『主人は とても手のかかる人でした。
だからこそ 皆さんから愛されたのかもしれません。
私は あまり人に迷惑をかけるのが苦手な人間でした。
しかし 主人の看病生活が始まって
毎日5時には退社し病院へ急ぎ 残業など一切せず。 
初めて みなさんに 大変な迷惑をかけました。
最後に主人に何か大切な事を教わった気がします。』

『人は 今目の前にある幸せになかなか気づくことができません。
主人のガン宣告、余命を言われ愕然とした時
病に倒れ 意識が戻る見込みは低いと言われながらも
生きてくれていたあの日々が幸せだった 戻りたいと
切に願ったものです。』



テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

mikisuka

Author:mikisuka
出産を期に、育児に英語を取り入れ、自らの英語力も向上させようと狙う一児の母。
現在は専業主婦ですが、良いタイミングがあれば仕事復帰を考えています。そのため、今後役立つであろう資格に関しても勉強していくつもりです。

◎現在
・日商簿記2級
・整理収納アドバイザー2級取得
・TOEIC 705点(2014.3現在:親子英語を初めて50点以上上がりました!)

◎私の英語歴
・中高大で一般的な英語教育
・大学在学中3カ月半カナダにホームステイ
・海外旅行大好き♪

いくつになったの?
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログランキング
応援よろしくお願い致します♪
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。