スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Birthology


先日 ちょっと変わった講座があったので
参加してみました。
その名も 『誕生学』

予定が合わず 母親学級に一度も参加できなかったので
こういうものを一度は聞いておきたいなと思ったのと
今回の講座のタイトルが
『帝王切開ママのための誕生学』
というものだったので
より興味が沸きました。

誕生という奇跡を明るくやさしく分かりやすく知る事で
自分ってすごい!赤ちゃんってすごい!
と感じる事ができます。

講師の方も
帝王切開で3人出産しており
帝王切開出産がなかなか理解されていない現実や
母親学級では説明されない現実
周りの理解が得られずに 悲しい経験をしているお母さんたちの現実を
身を持って感じてきた一人。
なので今回
帝王切開ママたちに贈る誕生学を企画したのだとか。

まず
受精してお腹の中で成長し無事産まれてくる確率って
どれぐらいだと思いますか?
なんと!
250兆分の1だそうです。
ロト6 1等1億円の当選確率が約600万分の1なので
いかに命の誕生が奇跡なのかがわかります。

受精卵ってどれぐらいの大きさだと思いますか?
0.13mmだそうです。
そんな小さかったものが 今手の中にいる。
もう10kgだし 笑
トツキトウカの成長は
1日で10万年分の進化と同じなんだとか。
そういう話を聞くと
なんだか自分がえらくすごい事を成し遂げた気になってきます。

また
今は昔
フリードリヒ2世が国で産まれた赤ちゃんを使って実験を行いました。
その実験とは
産まれてすぐお母さんと引き離し
泣けばミルクとオムツ替えだけは乳母がやり
声かけや笑顔を向けたりすることを一切しなかった場合
子供はどんな大人に成長するのかというもの。

どう成長したと思いますか?

なんと・・・赤ちゃんは皆 1歳を迎える事なく亡くなったそうです。
愛情というのも成長に必要不可欠なものなのです。
今 息子は8カ月。
元気にすくすく成長してくれています。
なんだか自分の育児に少し自信が持ててきました。

そして
講師の方から素敵な言葉の贈り物が。
『産道の事を”命の道”と言っています。
でも皆さんの赤ちゃんは命の道ではなく
”命の窓”を開けて産まれてきたんですよ。』




私は逆子が治らず帝王切開で出産しました。
『産み方よりも育て方』
という言葉に支えられ
理解ある家族にも助けられ
なんら引け目を感じたり 後悔をしたりはしませんでした。
 
でも 手術日が決まった時 自然分娩できないんだ・・・という
なんとも言えぬ空虚感があったんです。
なんとも言えない涙も出ました。

一人目を帝王切開すると
リスクを考えて 以降の出産も帝王切開を勧められます。
私の場合 予定帝王切開だったので
陣痛を感じる事もなく 
破水やおしるしを体験することもなく出産でした。

麻酔が効きすぎたのか
産声も覚えていないし
カンガルーケアもできない。
出産2日間は24時間点滴で傷も麻酔が切れるので尋常じゃなく痛む。
子供のお世話どころか
起き上がることも一苦労・・・。
思いだすだけでぞっとします 苦笑

産道を通る時のお話も聞きました。
頭をうまく小さくし
体をうまく回転させ
一生懸命出てくる事。

赤ちゃんって天才だなって心から思いました。

そして私の心境の変化。

次もし授かった時
こんな天才的な事ができる赤ちゃんを
また帝王切開で産んじゃっていいのかな?
一人目はしょうがなかったけど
二人目特に問題ないなら
命の道を通って産まれてきたいんじゃないかな?

という事。

最終的にどうするかは別として
安易に帝王切開を選ばず
ちょっと立ち止まって考えてみる事ができ
今回この講座に参加してよかったなと思いました

テーマ : ママのひとりごと。
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そのお話、アタシもききたかったわー。
医療機関では「母子ともに安全に出産を終えること」をメインに話が進みます、どうしても。きっと多くの妊婦さんも、「それはわかってるんだけど、でもね・・・」っていういろんな思いをきっと抱いてるんだなって、時々思います。
帝王切開でも自然分娩でも、ミルクでも母乳でも、紙オムツでも布オムツでも、どんな方法でも、1番大切なのはママや家族が赤ちゃんやママを思う気持ちだと思ってます。。逆に、思う気持ちがないと、どんなにすばらしい方法を選んでも、きっと幸せじゃないんじゃないかなって思います。

帝王切開で出産となるママたちの、緊急帝王切開で出産となったママたちの思いを聞ける助産師になりたいと思います。。

No title

>shiho☆へ
講師の方も『私は医療従事者ではないから医学的なお話はできませんが』っていう前置きがあったよ。
母子共に安全に は大切。みんなが望むことだもん。でもそれを最優先することでおきざりにされてしまう”思い”にもう少し気づいてほしいとママたちは思っているのかもしれないね。
今回講師をしてくれた先生みたいな見方もできる助産師さんなんて最強やん!
”命の窓”って言葉、素敵だと思う。帝切で悲しんでるママがいたら声かけてあげて。
私も自分の経験を活かして、苦しんでいる人がいたら力になってあげられたらって思ってる。

私はshiho☆にもたくさん助けられたんだよ!
逆子になった時も、手術が決まった時も、母乳が思うように出なかった時も。ほんと、感謝してるよ♪ありがとうね。
プロフィール

mikisuka

Author:mikisuka
出産を期に、育児に英語を取り入れ、自らの英語力も向上させようと狙う一児の母。
現在は専業主婦ですが、良いタイミングがあれば仕事復帰を考えています。そのため、今後役立つであろう資格に関しても勉強していくつもりです。

◎現在
・日商簿記2級
・整理収納アドバイザー2級取得
・TOEIC 705点(2014.3現在:親子英語を初めて50点以上上がりました!)

◎私の英語歴
・中高大で一般的な英語教育
・大学在学中3カ月半カナダにホームステイ
・海外旅行大好き♪

いくつになったの?
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログランキング
応援よろしくお願い致します♪
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。