スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sorry...sorry...


久しぶりにドカンと怒った。
抱っこをせがまれても頑として応えなかった。
息子は泣きながら布団にくるまり寝てしまった。
・・・たかがおもちゃ片付けなかっただけなのに。
いつもの私ならこんなことでは怒らないのでは?
まだまだセルフコントロールができてない。
それに翻弄される子供たち。
ごめんね。

現在息子2歳5カ月、娘9カ月。
息子が9カ月の頃って
本当にイライラしてた。
自分の事ばっかりで 優先順位をなかなか変えられなかった。
でも今 娘に対してはほとんどイライラしない。
イライラしても表に出さないようコントロール出来るようになった。
赤ちゃんなんてそんなもんだ 
イライラしてもしょうがないと
寛大な心で接っすることが出来ている。
息子の時の経験が今の私を応援してくれているんだと思う。


怒りの矛先はいつになっても息子に向いてしまう。
それはいつも息子が娘の先を走ってくれているからなんだけど
もちろんそれは息子にとっても
人生において優位に働いてくれる経験だろうとは思うけど
今まで自分を向いて・抱いて眠っていた母の
背中を毎晩見ながら眠る息子の気持ちは計り知れない。

夜中の授乳のために
私は娘と同じ布団。
息子には専用の布団を与えたけれど
いつも私たちの布団に入って眠ろうとする息子を
少々疎ましく思う母の(夏だから暑いしね)
気持ちを見透かす息子の目は
どこか悲しげで。

ソファで娘に授乳していると いつも感じる遠くの視線。
”僕の居場所だったのに”
背中に痛いほど突き刺さる。


『僕もおっぱい飲みたい』
と泣いて抗議してきても
私は一度もあげたことはない。
今の育児書には”あげても良い”と書いてあるそうだけど
それが子離れ親離れだと私の育児書が言っている。
良い悪いではない。
私のやり方。
だからこそ一つずつの成長を喜び
もう戻れないんだという区切りになり
前を向いて行けるのだと思う。


要するに今日は私の反省を記している。
忙しさにかまけて気づかないふりしてきた事も
言葉にすると重く心にのしかかる。
もう少し息子とちゃんと向き合ってあげよう。
目を閉じると 今日は楽しい一日だったと
笑顔で眠れるような毎日にしてあげよう。


今日は息子に悲しい思いをたくさんさせてしまったけど
ごめんねの気持ちが
私を、母親というモノを強く大きく飛躍させてくれる。
愛のない叱りは本当に意味がない。
ただでさえ 大きな大人たちに囲まれて心細い子供たち。
守ってあげなきゃいけないものだという事を再認識した一日。
いつも見方でいてあげなければと再確認した一日。


今日の怒り方は本当に愛がなかった。
私の心に余裕がなかった。
最後に抱きしめておやすみを言ってあげればよかった。
本当にごめんね。
明日からまた仲良くやっていこう。
手と手を取り合って妹を守っていこう。
おやすみ。


テーマ : ママのひとりごと。
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mikisuka

Author:mikisuka
出産を期に、育児に英語を取り入れ、自らの英語力も向上させようと狙う一児の母。
現在は専業主婦ですが、良いタイミングがあれば仕事復帰を考えています。そのため、今後役立つであろう資格に関しても勉強していくつもりです。

◎現在
・日商簿記2級
・整理収納アドバイザー2級取得
・TOEIC 705点(2014.3現在:親子英語を初めて50点以上上がりました!)

◎私の英語歴
・中高大で一般的な英語教育
・大学在学中3カ月半カナダにホームステイ
・海外旅行大好き♪

いくつになったの?
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログランキング
応援よろしくお願い致します♪
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。