スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Merry X'mas 2012


今年も変わらずクリスマスは主人の実家でお祝
今年はお義母さんが超多忙な三連休だったので
義妹が責任者(?)として
クリスマス料理一式を準備してくれました。
私たちはいつも通り ゆる~いお手伝い係

恒例のターキーの丸焼き。

IMG_0027.jpg 

最近手先が器用になってきているせいか
レモン塗りも様になってきた
(去年の様子
手羽の先の先までしっかり塗って
お次は塩コショウをすりこむ!!
若干揉みこみすぎ!!
まだまだ”加減”ってやつは難しいか 笑

最近は私の役割の一つに定着してきたケーキのデコレーション。
今回は息子に託してみました

IMG_0068.jpg 

もう真剣(なぜか娘まで)。
二人とも口開いてますよ~!!
私からの口出しは一切なしでここまで仕上げてくるとは。
成長したな、息子よ。
今回は果物が高い冬にお勧め ショコラケーキ
※周りに飾っているのは”きのこの山”で
生クリームをスポンジに塗るところまでは義母がやってくれてます。

料理も出来上がったので
早速料理を頂きましょう☆★☆

IMG_0048.jpg 

↑これ、私の最近の悩みの種。
私が一眼レフを構えたら
『お母さん撮らないで!!(息子の名前)が撮るから!!』
と私の携帯で勝手にカメラアプリを起動させてパシャパシャ。
なかなか息子が私のカメラの方を向いてくれない...orz
一時のブームであることを切に願っています。。。

今回は息子ももうすぐ3歳という事で
サンタクロース関係の演出も加えてみました。

日本ではあまり馴染みは無いのかもしれないけど
洋書絵本を読むと必ず出てくる
”サンタさんへのおもてなし”なるもの。
基本的にはjingerbreadというクッキーらしいんだけど。
よってうちも
『サンタさんが来て 食べてくれると良いね
と話しながらクッキーを一緒に作ってみました。

IMG_0096.jpg 

ジンジャー君(?)というのか
クリスマスによく登場するこの男の子型のクッキー。
なかなか可愛い型に出会えず困っていたら
なんと無印良品で発見!!
”自分でつくる 型を抜いて楽しむクッキー”
というもので
型や生地、アイシング材料、ラッピング用品も付いて”定価630円のところ
クリスマス直前ということで30%OFF(ちなみに12月22日)!!
※クリスマス後はネットで50%OFFになってます♪

アイシングって可愛いからやってみたいな~と思ってはいたけど
なかなか踏み切れなかったので
無印サマサマ☆★☆

大人はやる始めると止まらない
でも子供には難しすぎるしなかなか固まらないので
デコレーション用のチョコレートペンがお勧めかも。
手も汚れないしすぐ固まるので。

出来上がったクッキーをラッピングして
枕元に置いて寝ようね。
サンタさん来るといいね~♪
なんて微笑ましい会話を楽しんでいたら
やっぱり出ました息子節。

息子『(息子の名前)はサンタさん好きじゃない!
(息子の名前)のお家には来ない!』
私『えぇぇぇ!!来るよ~サンタさん!』
息子『(息子の名前)のお家にはトナカイさんが来るんだよ!
トナカイさんにジンジャーブレッドあげるんだ♪』
私『・・・(唖然)。そ、そうだね。喜んでくれると良いね。』

IMG_0100.jpg 

今年のプレゼントは絵本にしたんだけど
お店の年末年始休みの関係で
到着は年明けになりそうなので・・・
25日のクリスマスには”後日宅急便で届くから待っててね”という
サンタさんからの謝罪お手紙を
プレゼントの代わりに置いておくことにしました。

IMG_0105.jpg 

25日の朝目覚めた息子は
クッキーを置いたことも
今日がクリスマスだということもすっかり忘れている様子で
なんだか私だけ盛り上がってたのか??
みたいな。
サンタさんからお手紙来てるよ~
と声を掛けても
え?あらそう。どれどれ?
みたいな(苦笑)

お返事書く~♪
と言われた時のために
From Santaの住所もちゃんと調べて書いておいたし
SantaのサインもHPから真似て書いたのにな

ま、私が楽しかったからそれでいいんだけど
来年はどんなクリスマスになるのかしら♪
今から楽しみ

スポンサーサイト

beautiful MIYAGI & IWATE ②


宮城2日目。
今日は世界遺産に登録された平泉へ
やばいっっ楽しみ過ぎるっっ!!
教科書でしか見たことがなかったものを
目の前で見るって
何だかすごく贅沢で 
歴史を身近に感じる事ができる一番簡単な方法。
子どもたちが歴史を勉強するようになったら
それに合わせていろいろな所へ連れて行ってあげたいな~

っとその前に
松島を鑑賞したりない私は
同級生Kさんのアドバイスを思い出し
高速に乗るほんの数分前に
西行戻しの松公園を経由してもらう事に。

いや~満足!!来て良かった!!最高に絶景

319.jpg 

”松島 with 桜” なんて風情のある景色なんでしょ
子どもたちと写真を撮っていたら
TV局のカメラから撮影のオファーが
音声なしで放送された事を切に願います。。。


一仕事終えた私たちは
未練なく平泉へ。
平日にも関わらず第一駐車場は満車。
”第二は遠いので駐車場所には気をつけて”とのナイスアドバイスにより
第一の向かいの道のちょっと奥にある
中尊寺とは全く関係ない所が運営しているであろう駐車場へ。

参道入り口から金色堂まで
かなりの距離の上り坂なので
駐車場は近いに限ります。
この上り坂
木のトンネルがとっても素敵なんだけど
子どもにとってはしんどい道のり。
何度も座りこんでは皆様からの温かい声援を頂いていた息子 笑

320.jpg 

京都の金閣寺もそうだったけど
ここまで金が使われていると”偽物か?”って思えてくる。
金色堂は漆の上に金箔を貼ってるんだって。
貝などの装飾もふんだんにあって
当時のこのお堂に対する思い入れを深く感じました。

金色堂隣の資料館的な所に
なんとなんとなんと!!
あの”千手観音”が!!!!!!
見た瞬間
というか入口を入った瞬間目が吸い寄せられた!!
そして
一瞬で教科書の写真と名前がフラッシュバック!!
ここで本物が見れるなんて奇跡だわ!!
歴史の教科書で千手観音様を見た時
観音様にしては
あまりに奇妙奇天烈な姿でず~っと頭から離れなかったんだよね。


五月雨の 降り残してや 光堂 by松尾芭蕉

”芭蕉がここに来たのも僕たちと同じ五月だったんだね”
という主人。
なんだか芭蕉に運命を感じてとりあえず記念撮影 笑

321.jpg

ここを通り過ぎたちょうどその時!!
すごく心地よい風と共に桜吹雪が
数十人が一気に立ち止まって
思い思いに桜吹雪を感じていました。
私もあまりの素敵さに写真を撮ることも忘れて立ちつくす!!

ふと我にかえると
素敵な名残桜が

322.jpg 


駐車場への帰り道はなかなか軽快な足取りで
こんな所でたんぽぽ摘みなんてしてみたり。

323.jpg 

”横の細道” by息子
ウマいっっ!! 末は芭蕉か 笑?


お昼は中尊寺から車で15分ぐらいにある
蔵元レストラン せきのいち さんへ。
せっかくなので郷土料理(餅料理)でも食べようってなったけど
ガイドブックなんぞ買ってないもんで
スマホで検索
でもと~っても素敵で美味しいお店を紹介してもらいました
ありがとう”まっぷる観光ガイド”♪

お昼は14:00までだったのに
駆け込み客を笑顔で迎えてくれて
(13:30頃に電話連絡を入れていました)
個室の席まで確保してくれていました♪
料理だけでなくそんなホスピタリティにも惚れたぜ 笑

324.jpg 


この日は高速道路の夜間割引を使って
そのまま主人の実家へ向かう予定だったので
もうひとつ何かアクティビティをしてから高速に乗りたい時間。

天然記念物にも指定されている”厳美渓”へ。
車だと意外と近かった
程良いお散歩コースで緑もたくさんあり
川の流れる音でちょっとしたリフレッシュも出来ます。

東京でこれほどの自然のある所なんて
こんな行楽シーズン
人でごった返してるだろうな~
なんて考えながら歩く幸せ
これぞ旅行(東京を離れる)の醍醐味。

325.jpg 

ただ バリアフリーではないので
ベビーカーではなく抱っこひもで行くことをお勧めします。


そんなこんなで楽しかった東北旅行終了。
疲れた体に鞭打って
これから350キロの運転なんて大丈夫なのかしら?
と一抹の不安を抱えながら
岩手を後にするmikisukaなのでした

めでたしめでたし。

beautiful MIYAGI & IWATE ①


今年のGWのイベントその①
主人の出張に便乗しての宮城旅行
一泊二日車の旅というハードスケジュールで
夫婦そろって寝坊するというハプニングから始まる旅行だったけど
宮城在住の同級生に
見どころをお勧めしてもらって
(急だったのに的確なアドバイスありがとうKさん♪)
最低限は押さえられたかなって感じ

6:00am 予定より1時間半遅れての出発 笑
数時間走って
福島に入り安達太良サービスエリアで小休憩。
早速東北を感じるずんだだんごに下鼓

309.jpg 

でもお餅ってのど渇くよね~ってことで

310.jpg 

水一気飲み

”福島の地元企業が生キャラメルでリストラ回避”
なんてキャッチーな文句と際限のない試食のお勧めに惹かれて
露店で出ていたキャラメルを購入。

311.jpg 

向山製作所
もとは半導体(だったかな?)の会社だったんだけど
リーマンショックの煽りで収益低下。
リストラしないために社長が考案したのが生キャラメルだったそう。
同包されてたチラシを見てビックリ!!
店舗の名前がが”表参道店”!!
しかも味や口どけもそっくり(つまり値段の割にめちゃウマ)で
しかもお店も表参道にあるって言ったら
どこぞの花〇牧場と同じじゃん!!

もう一度チラシをよ~くみたら
・・・ごめんごめん 笑
場所は福島県郡山市の表参道だった~ 笑
って絶対花〇牧場意識してのネーミングでしょこれ!!
ちゃんちゃん。

そんなこんなで無事仙台入りし
主人の仕事にお付き合いさせてもらって無事終了。
お腹もすいてきたので
伊達の牛たん本店へ。
(本当は味大助に行ってみたかったんだけど定休日
2時すぎての到着だったのでお客さんは少なかったけど
平日にも関わらず数量限定の”芯タン定食”は既に完売。
はぁ食べたかった

312.jpg 

時間も時間なので
今日のお宿がある松島へと仙台を後にしました。

松島や あぁ松島や 松島や by松尾芭蕉

さすが日本三景だけの事はある
運転中にパーっと右手に島々が見えた時はさすがに身震いした!!

お宿は松島を一望できる
(事を期待したけど天気のせいかそんなに見えなかった
一の坊さん。

313.jpg 


ウェディングもできる結構大きめの旅館。
お部屋も広く 窓も開放的で自慢のお庭が素敵でした

長距離ドライブで疲れていたので
旅館の外に出ての散策は今回はなし。
その代わり
子どもたちにはこのお庭が丁度良いお散歩コースに。

314.jpg 

315.jpg


食事が大広間でちょっと機械的な印象だったのが残念だけど
子連れにはやさしい鉄筋コンクリート造(鳴き声漏れの心配なし)
お部屋のUBで娘のお風呂は済ませて
大人&息子は松島を眺めながらの大浴場

予定のないの~んびりとした旅行も悪くないね
平日は忙しくてなかなか子どもたちと遊べない主人も
いいお父さんっぷりを発揮してくれたり

316.jpg 

娘の写真の少なさをカバーするために
写真撮影会をしてみたり。

317.jpg 


子どもたちが寝たら一杯やろうか
なんて言ってたのに
この乾杯の後に
一家揃って眠気に完敗

318.jpg 

21:30には子どもたちの静かな寝息と
お父さんのけたたましいイビキがこだましながら
松島の夜は更けていったのでした。

・・・二日目に続く。


※一の坊オリジナルのお菓子がめちゃくちゃ美味しくて
お土産に2箱お買い上げ。
特に黄身あんのほうは絶品

Strawberry picking


週末はちょっと肌寒かったけど
なかなかのお天気。
春の行楽シーズンという事で
車に乗るなりこんなに陽気な息子
早速靴下脱いで腕にはめちょります 笑
日焼けを毛嫌うマダムかっっ

298.jpg 


土曜日は毎年恒例になりつつある
こちらへ

299.jpg

もうタイトルで分かるか 笑
『いちご狩り』に行ってきました
主人が参加している市民バレーボールチームの春のイベント。
数年前から私も参加しているのですが
最初は独身ばかりの集まりだったのに
徐々に子どもが産まれ育ち
今回は子供総勢9名(4家族参加)!!
集合写真も世代交代で
子どもたちのみ集まっての撮影になりました 笑

昨年は震災の影響でイベントは中止だったので
息子は初めてのピッキング。
いちご潰しちゃうかな?
うまくヘタ取れるかな?
なんてのは杞憂でした。
もうビニールハウスのドアが開くなり猛ダッシュ!!
3歳以下は無料なのですが
大人より絶対食べてる恐るべき2歳児でした。

300.jpg 

最初は良い感じでお父さんとピッキング。
でもだんだん慣れてくると・・・
お父さんが目を離した隙に・・・

301.jpg 

おいおいおいおいっっ!!
ちゃんとピッキングしてくださ~い!!
ツタにくっついたまま苺をパクっ

ハウスを何度も出たり入ったりして
やっとお腹が落ち着いたのか
ごちそうさまをしたらこのあり様↓↓↓

295.jpg

通常ヘタはお店の方から手渡されるお皿に入れて
最後にまとめてゴミ箱に捨てるんだけど
小さい子はお皿ももってピッキングして・・・
となると大変なので
この受け皿が付いてるエプロンは重宝しました
いくつぐらい食べたかもわかるしね

娘は残念ながらまだ離乳食を初めてないので
(母の怠惰を許しておくれ~)
今回は何も食べられず。
でもそれじゃあ面白くないので
うちの姫とあきひめとで記念撮影 笑

296.jpg 

顔の半分はあろうかというぐらいの大きなあきひめ
でももうこの季節は時期じゃなく甘みもあまりありませんでした。
あきひめはもう少し寒い時期が美味しいんだとか。

めちゃくちゃ美味しかったのは
やっぱり『ふさのか』と『やよいひめ』
うまく表現できないけど
何だか果汁がぶどうみたいな味でした。
いちごなのにぶどう・・・?
つまり酸味ゼロって事!!

いちご狩りでの味に慣れちゃうと
もうスーパーで買えなくなっちゃうね~

また来年も来たいな
何事もなく平和な一年でありますように。
大震災から一年。
心からそう願うばかりです。

297.jpg 

to be continued.........

photo studio -lovemaman-


今日は娘のハーフバースディ
早いなぁもう半年かぁ
(・・・いい加減離乳食始めなきゃ

という事で先日予約した写真スタジオに行ってきました
(その時の記事はこちら→
嵐がやってくると天気予報に脅されましたが
ず~と前から予約してたし
午前中まではなんとかお天気が持ちそうだったので頑張って。

恵比寿とは言え
ちょっと古めかしい建物で
エレベーターなしの3階
え~~~何だかイメージと違うなぁ
と思ったけど
ドアを開けて一変
暖かくてcuteな女の子用の洋服や髪飾りがたくさんあって
(↑これは売り物です)
こじんまりとしてるんだけどまとまってて
ベビーたちがとっても安心できる雰囲気。
これ一番大事。
時間がゆっくる過ぎる感じなスタジオでした。

291.jpg

衣装は思ったより少なかったけど
ベビーは1着+裸んぼ撮影なので迷わずにすみました 笑
ほっかぶりを提案されたので被ってみました。
・・・首がない。
首の結び目が可愛いのに 苦笑
でもこれは自宅で写真撮る時にいいアイテムかも♪
可愛い大き目のハンカチさえあれば
いつもと違う雰囲気の写真になる♪♪♪


292.jpg 

次は裸んぼ(オムツあり)撮影。
やっぱり赤ちゃんならではの写真と言ったらコレでしょ
健康優良児!!
ムッチムッチ 笑


293.jpg 

このスタジオを選んだ理由の一つでもある
デザイン加工された写真
どれも私の好みです


294.jpg

息子との絡みも撮って頂きました♪
最初から撮影に割り込んでくるぐらいお邪魔だったのに
”いざ2人で”
となるとなかなか絡まなくて
スタッフさんにはご迷惑をお掛けしました 笑


でもさすがプロ。
15分ぐらいでテキパキと進めてくれて
私と娘の2ショットやら
家族写真やら
ちゃ~んと撮って頂きました。
そして何が一番良いって
その場で
デザインデータと写真データとメール送信用に小さくしたデータ
をDVDに焼いて素敵なケースに入れて
お持ち帰りできる事

自宅に戻ればすぐにblogにも書けるし
ジジババにも写真を送ってあげる事ができました

もう少し大きくなったら
このスタジオのお姉さん的な位置づけの75cにも行ってみたい♪
(女の子専門。兄妹・姉弟などならOK)
こちらは料金が高いので
気軽には難しいけど。

お友達紹介だと
お互いに可愛い写真たて+写真を下さるみたいなので
行きたくなった方がいたらご一報下さい 笑


テーマ : ♪0歳児日記♪
ジャンル : 育児

プロフィール

mikisuka

Author:mikisuka
出産を期に、育児に英語を取り入れ、自らの英語力も向上させようと狙う一児の母。
現在は専業主婦ですが、良いタイミングがあれば仕事復帰を考えています。そのため、今後役立つであろう資格に関しても勉強していくつもりです。

◎現在
・日商簿記2級
・整理収納アドバイザー2級取得
・TOEIC 705点(2014.3現在:親子英語を初めて50点以上上がりました!)

◎私の英語歴
・中高大で一般的な英語教育
・大学在学中3カ月半カナダにホームステイ
・海外旅行大好き♪

いくつになったの?
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログランキング
応援よろしくお願い致します♪
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。