スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Don't teach children English


英語育児をしている人なら
一度は耳にしたことがあるであろう
このキャッチーなタイトルの著書。
私のこよなく愛するアマゾンのマーケットプレイスで
なんと200円代で出ていたので迷わずポチッとして読んでみました♪

英語を子どもに教えるな (中公新書ラクレ)英語を子どもに教えるな (中公新書ラクレ)
(2004/02)
市川 力

商品詳細を見る


全体を通して言えるのは
著者はバイリンガルに関して
今まで日本語にしか触れてこなかった子供(既に小学生前後の年齢)
がいきなり英語圏に放り込まれた場合のその後
にしかフォーカスしてないので
(母語は日本語、第二言語が英語みたいな)
私が知りたかった
0歳時から日本語&英語の2か国語を母語とするためには
どうしたら良いのか?
や、それに対する問題点や弊害などの内容ではなかったので
ちょっともの足りませんでした。
ちゃんちゃん。

でもでも
『英語を教えるな』というタイトルではあるけど
英語を否定的にとらえている訳ではなく
それ以前に親としてもっとすべきことがあるんじゃないですか?
という提言を投げかけているところは
とっても共感!!

『親の役割は
生活の中に自然にいつも英語が存在するような環境を整え
子供が英語に対して肯定的なイメージを持ち続けられるようにする事。
いつか子供が集中して英語を勉強する時期が来た時に
一生懸命できるような素地を作ってあげる事。
乳幼児期には英語力よりも「人間性」を豊かにする素地を
作ってあげる事。』

『英語がペラペラになれないのではなく
人間性と知識がペラペラなのでは?
しゃべれないことを英語力のせいにしている日本人の考え方を
まずは変えていくべきであろう。』

この辺は確かにそうだよね~
と納得。
英語育児に関する参考文献一覧が
巻末にあるのもGOODです♪
読みたい本がいくつか出てきたので
早速検索してみたいと思います。


以下 自分の記憶整理のためのものです。
------------------------------------------------------


第一章
著者がこれまでアメリカで出会ってきた
親の海外赴任に伴って渡米してきた
様々な年齢の子供たちの事例を紹介。
帰国子女として扱われてしまうがゆえの
彼らの苦悩と努力を通して
安易な親子留学への警鐘を鳴らしているのかな?

第二章
『日常会話言語』を習得したレベルで甘んじてしまい
日本語も英語も『教科理解言語(授業を理解するための英語力)』
の面で不完全な状態(セミリンガル)への危惧を説明。
海外に行きさえすればバイリンガルになれるという
親の思惑がいかに幻想か
親の子供に対する日本語教育のフォローがいかに必要かがわかる。

第三章
早期英語教育に対する親の思い込み
①幼児期から学べば自然に英語を習得できる
②幼児期から学べばネイティブ並みの英語力を身につけられる
③英語ぐらいペラペラになっておかないと、、、
を著者なりに一つずつ検証。
共感できる部分もあるけど
え?そんな事を今更ここで言うか?
という部分もあって、ちょっと読んでてイライラ(笑)

第四章
小学校に導入されつつある英語教育や
群馬県にある加藤学園を例にイマージョン教育
インターナショナルスクールを紹介。
でも、子育てを外注せずに親ができることもあるのでは?
と次章に続きます。

第五章
海外で『国際感覚』を身につける方法を子供たちの体験をもとに紹介。
母語の能力を越えた第二言語能力は身につけられないので
まずは母語や話す内容(中身)のスキルアップが大切だという事
幼児期は他者との違いを偏見なく受け入れることができる時期だから
多様性を受け入れ態度を育てることが大事だという事を提唱。

最終章
著者の主張の確認とともに
英語力を獲得するための素地作りを
家庭教育に取り入れる方法を紹介。



スポンサーサイト

Long way to be bilingal

『赤ちゃんからの英語レッスン』
中村あつこ 著

を読みました。
以前から興味のあったCTP絵本などについて
記述が深かったので
自分の記録用として書きたいと思います。

赤ちゃんは意味のある言葉を発するまでに
2000~3000時間「聞く」ことが必要なのだとか。
1日2時間聞いても3年。
英語習得で一番大切なのは「続けること」
「英語をやる」と決めたら責任をもってやり遂げる!!

・・・一番苦手な分野です。
私はいつも短期決戦が好きだからね。
なかなか芽が出ないと 自分には合わないんだと
見切りをつけちゃう。
でも「育児」は「育自」
これを期に自分の性格も少しずつ改善していきたいな。


英語絵本100冊を暗誦することによる英語のベース作り
が 中村あつこさんのメソッド。


<<How to > >

step1 [習慣づけが大切」

①1日1~2時間BGMとして絵本CDを聞く
(会話を邪魔しない程度の音量で)
②1カ月3~4冊を目安に次の絵本へ進む
③1日一回はBGMとは別に英語絵本を開いて一緒にページをめくる
(音と意味を結びつけて理解するに大切)
④お父さんお母さんの声で読んであげることも大事
⑤英語絵本を聞きながら日本語で説明をしない
⑥子供が英語を発したらビデオ等で記録に残す
(子供が自分の声を聞くことで「できるんだ」という自信になる)

step2 「自分で読める」を目指す
(3歳になって100冊の暗誦を終えたら )
 
①1日1時間のBGMか継続
(暗誦に使った絵本でも新しいものでもOK)
②1日2冊程度一緒にページをめくる
③サイドワード(目で見て覚える単語)を始める
(暗誦した絵本の単語をカードに書き出して
まずは絵本を見て暗誦しながらカードを並べて文章を作る。
できるようなら絵本を見ずに並べさせる。)
④サイドワードが終わったら
フォニックス(単語を読めるようにする規則の勉強) を始める
(これを理解すると
カタカナや発音記号がなくても英語が読めるようになるそうです。
英語圏の子供たちは
日本語でいう「あいうえお」の学習として
フォニックスを学びます。 )
⑤絵辞典を使って語彙を増やす
⑥これまで暗誦してきた絵本を使って簡単な受け答えの練習


本書をまとめてみると
正直
・・・大変だな
という感想です。

でも できるところから始めてみるしかないよね。
英語の学習は歯を磨くのと同じこと。
子供が興味なさそうでも
一週間まとめて歯磨きなんてできないでしょ?
毎日少しずつが鉄則のようですね。

続けるためには
いかに私が楽しんでやるかにかかっている気がします。
親が楽しんでいれば
絶対に子供はそれに興味を示すようになるんだから。

テーマ : ♪0歳児日記♪
ジャンル : 育児

プロフィール

mikisuka

Author:mikisuka
出産を期に、育児に英語を取り入れ、自らの英語力も向上させようと狙う一児の母。
現在は専業主婦ですが、良いタイミングがあれば仕事復帰を考えています。そのため、今後役立つであろう資格に関しても勉強していくつもりです。

◎現在
・日商簿記2級
・整理収納アドバイザー2級取得
・TOEIC 705点(2014.3現在:親子英語を初めて50点以上上がりました!)

◎私の英語歴
・中高大で一般的な英語教育
・大学在学中3カ月半カナダにホームステイ
・海外旅行大好き♪

いくつになったの?
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログランキング
応援よろしくお願い致します♪
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。